組織

ここでは、防衛隊、警察と言った、防衛組に協力する大人の組織を紹介する。


防衛隊
地球を守るために組織されている大人の集団。戦車や戦闘機を主力兵器とする。三次元に侵略してきたジャーク帝国と戦うが、その尖兵である邪悪獣に対しては、全ての武器が無力に等しい。また、第42話では、ライジンオーを模した張子の兵器・ライジンオーMk-IIを建造するが、やはり邪悪獣には歯が立たなかった。
しかし、第42話で邪悪獣バトールに一矢を報いた事実や、第50話での奮戦、及びOVA第3巻で幽霊タコボンブ、幽霊オウボウダーを倒している実績を踏まえて考えると、決して侮ってはいけないと言える。
なお、『ライジンオー』に登場する防衛隊の本部は、「防衛隊東部方面陽昇駐屯地」。滑走路や大規模な司令塔などもあり、防衛隊の対邪悪獣の中核的存在として活用されているものと推測される。

警察
邪悪獣が出現した場合、まず最初に動くのが警察である。拳銃による発砲攻撃でしか邪悪獣に対抗できないため、防衛隊よりも脆弱で、地球防衛組の到着までの時間稼ぎ程度の役割しか果たせていないのが実状である。第2、4、6、14、28、30、37話などで、その活動が確認できる。


「ジャークファイル」トップへ戻る